マイクロ・テックは
スクリーン印刷機でエレクトロニクスの発展に貢献します

TEL: 047-350-5131

お問い合わせ

スクリーン印刷入門編

紙が発見される前は、人類は粘土質を液状にした物や、植物を磨り潰し液状にした物を、平らな岩などに絵や文字を描いていました。紙が発明されたのは定説では105年、中国の後漢の時代、蔡倫が発明したとされているが、前漢の時代の遺跡から紙が発見された事で、定かではないそうです。印刷が行われたのは7世紀ごろで木版印刷が最初の印刷だそうです。

先ずは、印刷とは何か? から理解してみましょう!
簡単に印刷とは紙などの媒体に文字や絵などを何回でも同じ物を再現できることを指します。今では当たり前の様に写真なども印刷する時代になり、2次元に限らず曲面や複雑な3次元の媒体にも印刷する時代になりました。

印刷用の版には大きく分けて4種類の版があります。
  • 凸版印刷

    別名で活版印刷とも呼びます。簡単に言うと印鑑や版画などの事です。凸版部にインクを付けて転写する印刷を凸版と呼びます。
  • 凹版印刷

    別名でグラビア印刷と呼び、凸版とは逆に凹部にインクを付けて転写します。
  • 平版印刷

    別名でオフセット印刷と呼び、金属板に特殊な樹脂を薄く塗り、印刷したい部分にフィルムを貼り付け光を転写します。その部分にインクを付けて一度ゴムローラーにインクを転写します。そしてそのローラーを紙に転写します。
  • 孔版印刷

    別名でガリ版印刷と呼び、昔に流行った『プリントごっこ』です。版となる布状(昔はシルク印刷)の部分に印刷したい部分に穴を開けローラーやスキージでインクを掻き取り穴の部分からインクを転写します。

スクリーン印刷とは?

基本的には孔版と同じで、張力を有するメッシュ状の版に感光性乳剤を均一に塗布しフォトマスクの画像を転写し現像した物であり、感光した部分からスキージでインク掻きとり転写します。

スクリーン印刷の現状

現在は幅広くスクリーン印刷は使用されており、人間の生活の中に幅広く溶け込んでおります。看板や飲み物の缶やペットボトル。Tシャツや陶磁器などあらゆる物にスクリーン印刷によって描かれています。近年はペースト、版、印刷機の性能が上がり、微細な印刷、より細く、より薄く、より微小な印刷を実現しつつあります。