マイクロ・テックは
スクリーン印刷機でエレクトロニクスの発展に貢献します

TEL: 047-350-5131

お問い合わせ

太陽電池(色素増感)

  • LTCC
  • MLCC
  • フィルムデバイス
  • 太陽電池(結晶系)
  • 太陽電池(色素増感)
  • 燃料電池
  • タッチパネル(電極印刷)
  • タッチパネル(加飾印刷)
  • 半導体
結晶系太陽電池よりは変換効率は劣るものの、コスト面で将来性が期待されているのが色素増感型太陽電池です。

色素増感型太陽電池の基本構造

基本構造

表の基板から光が入ると、色素が光を吸収して励起状態となり、電子を放出します。 この電子は半導体の酸化チタン(TiO2)を経由して透明導電膜に達し、外部の電極へ流れます。 色素は電子を放出して+イオンになり、電解液を経由して対極の電極から電子を受けて元の基底状態に戻ります。 このように電子が両極間を循環することによって発電機能を持ちます。

色素増感型太陽電池のスクリーン印刷用途

弊社のスクリーン印刷機は、酸化チタン層、集電極、保護・封止膜、 白金電極層などの形成にご使用頂いております。厚膜からファインラインまで 対応できる弊社のスクリーン印刷機をぜひお試し下さい。

スクリーン印刷用途

この分野の対応機種